◎home▼menu ▲top
その時その時興味あることを書き留める自由で気儘なブログ。物書き志願者がイラスト描いてる系。自己免疫性肝炎に関する徒然。
:
--.--.--.--[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clap?


私は自作なら自信満々の顔をしてお勧め出来るのですが、人様の作品になると途端に私なんかの審美眼で判断して良いのかどうか……というチキンになるのですが、この作品と作家さんはどうしても! と思ったので、お勧めさせて頂きます。


コッソリアップモアルンダゼ☆
南 茉里さんの、「さよならのない町」。
長編である前作の「孤独を歌えば」を読ませて頂いて、その心理描写に惚れ込んだのですが、「さよならのない町」はぐっと文章が繊細で、コミカルで、かつ、すっと頭と心に入って来て、読んだ途端、うごおおおお、と嫉妬の渦が胸にわき起こりました(ノ∀`)

社会人の世界に入って学生であった頃の無邪気さと引き替えに大人のしたたかさを身につけつつある波穂ちゃんと、
いまだ学生で「自分、こんなのんきで良いのかなー」と思いつつてきとうに生きている草太くんの二人が主人公です。

生きていると辛い事っていっぱいあるよね、もっと幸せな世界があっても良いよね、と思っている人にお勧め!
本当の笑顔とか、孤独って何? と読んでいると考えさせられます。
とりわけ、波穂ちゃんが初めて草太くんに出会ったときに見せた笑顔が印象的で、どうしても絵にしてみたくなりました。
「笑顔で誤魔化してる」って言う台詞は定番ですが、この作品で登場するこの台詞にはズガンと心を打たれます。波穂ちゃん自身が真剣に考えて悩んでだけど少し逃げている部分だから、余計に心に響くのかなあ、と思ってみたり。

これからこの二人がどういう関係になっていくのか、何を感じていくのか非常に興味津々です。(´∀`)更新楽しみにしております-。

そして六花の人気にこっそり嫉妬した作者でした←
スポンサーサイト

Clap?

Home|
   
 
Link*
Calendar*
 2010.11 
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Latest*
Category*
Ranking*
in order to share the news and cheer me up...
励みになるのでよろしければお願いします
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
Search*
Monthly*
Comment*
プレドニン5mgになりました&ここ数週間のこと
 └増岡 稚子(05/10)
誕生日でした(プレドニン減量しました)
 └増岡 稚子(02/11)
ショートショートを頂きました(追記)
 └管理人(01/18)
11月になりました
 └増岡 稚子(12/01)
11月になりました
 └ゆまっち(11/04)
プレドニン減量しました
 └増岡 稚子(11/03)
プレドニン減量しました
 └管理人(11/03)
Puboo*
Profile*

増岡 稚子

Author:増岡 稚子
誕生日:1月15日(24)
職:落ちこぼれ社会人
餌:糖分(自称、辛いカレーもブラックコーヒーも好き)
脳:現実 □□□□□■□ 逃避
願:せめて女子を装いたい。
Booklog*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。