◎home▼menu ▲top
その時その時興味あることを書き留める自由で気儘なブログ。物書き志願者がイラスト描いてる系。自己免疫性肝炎に関する徒然。
:
--.--.--.--[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clap?


かっこいいキャラクター、かわいらしいキャラクター。
そういうキャラクターが物語に出てくると男女問わずドキドキします。
現実世界で「顔が命」などという人は多くないと思います。自身の顔に不満がある人はいても、他人の顔に不満がある人はめったにいないのではないでしょうか? 自身の顔に不満があるのは、もっと愛されたいという気持ちがあるからです。造作のいい顔には人の心をくすぐる何かがあります。モデルや俳優だって、顔が美しければキャーキャー言われる。メディアが顔やスタイル重視の価値観を生み出しているといっても過言ではない時代、視覚から解放された世界である小説は貴重なものではないかと思ったりします。それでも、私はできれば小説の中にも美しい造作のキャラクターが出てきてくれればいいなあ、と思います。
性格美人という言葉がありますが、性格の美しさが伴わない美人(男子含む)はどんなに外見が美しく描写されていても美しいとは思えないでしょう。マンガやドラマなどでは否応なしにビジュアルが付きまとうのでそのような感覚になるのは難しいものですが、小説には文字しかないため、性格ブスは簡単に見破られるのです。ですから小説とは素敵なことに、外見の美しさを伴うキャラクターをださないことで読者に外見だけが魅力じゃない、と訴える必要はあまりないのではないでしょうか。外見が美しい設定にすることでそのキャラクターの魅力が大幅に跳ね上がることがないのなら、わざわざ美しく設定しないのはもったいないというものです。それに、逆に考えてみればどうでしょうか。美しい心のキャラクターは、自然と読者の気持ちを引きます。そして読者はたとえ「凡庸な容姿」と描写されていても大変な美人であるかのように錯覚してしまうのです。
美人の価値観は人それぞれであり、どのような外見、性格のキャラクターを美しいと感じるかはわかりません。小説は視覚から解放されているため、読者の想像力を必要とします。つまり、外見が美しいと感じたキャラクターは読者の頭の中で自由にビジュアルを設定されうるのです。
周囲から様々な形ですかれる登場人物はたいていの場合、好かれるに値する魅力を持っているならば、性格美人とみなされるのではないでしょうか。普通の人間は性格美人でなければ人はその人を好きにならないものです。外見が良く性格が悪い人はテレビの中にでもいればいいでしょう。
性格も外見も美しいキャラクターを描くためには、魅力的な性格をもつキャラクターが小説にとっては重要なのだと考えています。
Clap?

   
prev  next
Link*
Calendar*
 2017.09 
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Latest*
Category*
Ranking*
in order to share the news and cheer me up...
励みになるのでよろしければお願いします
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
Search*
Monthly*
Comment*
プレドニン5mgになりました&ここ数週間のこと
 └増岡 稚子(05/10)
誕生日でした(プレドニン減量しました)
 └増岡 稚子(02/11)
ショートショートを頂きました(追記)
 └管理人(01/18)
11月になりました
 └増岡 稚子(12/01)
11月になりました
 └ゆまっち(11/04)
プレドニン減量しました
 └増岡 稚子(11/03)
プレドニン減量しました
 └管理人(11/03)
Puboo*
Profile*

増岡 稚子

Author:増岡 稚子
誕生日:1月15日(24)
職:落ちこぼれ社会人
餌:糖分(自称、辛いカレーもブラックコーヒーも好き)
脳:現実 □□□□□■□ 逃避
願:せめて女子を装いたい。
Booklog*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。