◎home▼menu ▲top
その時その時興味あることを書き留める自由で気儘なブログ。物書き志願者がイラスト描いてる系。自己免疫性肝炎に関する徒然。
:
--.--.--.--[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clap?

2011.06.26.Sun[ログ]

最近馬鹿みたいに暑いです。
まだ六月だというのに呼吸しているだけで汗をかけるってどうよ。

そんなさなか、雪の降りまくる話を書きました。
dtbanner
デビトラ完結です。
何で冬なの……!?
馬鹿なの……!?
書いてる途中で温かくなって熱さを感じる日も来るだろう事は予想してましたが、まさかここまでとは。
本当に盛夏八月頃にならないと暑い! とならないうちの大学ですら冷房を入れていてもゆだってだれそうな暑さの六月。
二十年ぶりに六月の最高気温を記録したとか。
馬鹿じゃないの。暑さで死ぬわ。むしろ冬の衣装とか想像するだけでゆで増岡ができあがるわ。

そんなさなか、ツイッターで「夏場に冬のシーンを書いてリアリティを出すのは難しい」的なツイートに内心ドキーンとしつつ、
帰宅時間を活用してに文を打つ癖がある増岡の指定席がある、日増しに温かくなっていく『弱冷車』で必死に「冬!」「冬!」と念じながら書いておりました。
夏場に冬の描写読むことほど暑苦しいことはないですね(´∀`;)
もっと暑くなってどこの家もエアコンが解禁になったら涼しいお部屋でアイスクリームと一緒に読んで頂ければなと思います。
え? エアコン解禁されなかったら? 家電量販店に行ってください。きっとそこは涼しい。(なぜ家電指定)
思いついたのはロシアに行っている間。
サンクトペテルブルグのメトロ(地下鉄)があまりにも人でぎゅうぎゅうだったので、ここが空っぽになったらさぞかし快感な眺めだろうなあ、と妄想したのが始まりです。
こっちの世界と誰もいない、もうひとつの世界、的な。
それまで一年ぐらいずっとスランプっていた頭だったのに、ぱっと浮かんでほとんど一時間ほどで形になり翌日には書ける段階の寸前まで組み上がった謎のインスピを頂きました。
なので、舞台はどうしても雪の降る冬。
ちなみにネタを考えていたら迷子になって授業に遅刻しそうになったのはさすが増岡と行った所でしょうか。
なぜ一本道で迷う……! なぜそこで曲がって二十分近く歩くまで気付かなかった……!
方向音痴オソロシイ。

途中、読者アンケートを採って、どの段階で犯人バレするかお尋ねした所、八割方の回答で「モロバレ」という判定がでたので、犯人バレの位置を手前にずらしたり、探偵による謎解きシーンをスキップしたりしました。
気持ち良いくらいバレバレでしたね(´∀`)キラッ
やっぱり、真実に気付かない、と言うシチュエーションに萌えても、真実を隠し続けるというシチュエーションには苦痛を覚える増岡なので、そういう所がもろにでてしまったのかも知れません。

ぜんっぜん、ロシアっぽさはありませんが、パラレルワールドに触れる感覚、という物を書けたので満足です。
感想とか頂けたらなあと思っております。拍手から是非。
それから、拍手ポチ下さる方々には励まして頂いてます。いつもありがとうございます。


デビトラの次は、狐使いの青年と、一風変わった女の子のお話を、ちょいミステリ仕立てで書こうかと思っております。
ちょいミステリ仕立て、ここポイント。
普通にミステリーやろうとすると基礎がなってないので書けやしないと言うことがわかりました。増岡自身あまり犯人捜しとか犯人当てに興味がないのもあると思います。
でも日常の中に、私の知らない世界があるんじゃないか、と言う感覚は凄いワクワクするので、そう言うのはネタ探しも楽しいというかノる。
時代設定は今まで何となく『その作品』を書き始めた年度に裏設定していたのですが、今回はくっきり二千十一年の六月、と指定します。
そういえばP4イヤーがアナログからデジタルに移行する今年なのって、わざとなんでしょうね(´`)
キーとなるテレビ自体に注目が集まる二千十一年。テレビの存在感が際立つ一方、アナログから地デジに移行することで旧来のテレビはその存在意義を失います。テレビ自体が、日中から夜に移行するその逢魔が時みたいな(ペルソナ的に言えば昨日から明日に変わるいつとも知れない時間帯ということでしょうか)、ファンタジーなアイテムになっていて、二千十一という年号がよりいっそう、P4の世界を現実とも虚構とも付かない魅力的な世界に仕立て上げている気がします。まあ、今年がP4イヤーだと知ったのって今年はいってからと言う適当ぶりですが、そういう年代に物語の世界観の一端を噛ませたアトラスさんの凄さというものをちょっと感じてみたり。
実際今年の六月はしっかり梅雨だったような気がしますが、未来に舞台を、それもすぐ来るような未来に舞台を据えるのって何か力のいることだと思います。
そう言えばドラえもんは二十一世紀じゃなくて二十二世紀から来たことになったそうですね。別にいいじゃんと思うのですがww

今回二〇一一年とくっきり決めたのは、物語の鮮度をチルドパックする以上の何かを持たせたいという表明みたいなものです。(物語の主となる年代を固定しておけば古くさくならないと信じている安直な増岡)
と言うわけで、自分用資料検索メモ↓
・七夕
・狐憑きと狐持ち
・狐の生態
・××××について


ちょこっと日常。
どうもあまりにも気温が高くて、暑くてたまらなくなったらしく、父も母もジュースを(我が家にしては)大量に買ってきました。
暑くなってくるとお茶って沸かしても沸かしても追いつかないですね。
ペットボトルに詰める作業も面倒です(´`)
だからってジュースは多分、贅沢なんじゃなくて、お茶ばっかり飲んでたらお茶の向きが失せちゃうからでしょうね。口が飽きる。あれ、贅沢か。
増岡もこの時期はお茶を持ち歩きます。以前夏場にコーヒー牛乳を持ち歩いていたら、一日で腐ってしまったので、以来、コーヒー系は冬場でもちょっとためらうように。濃いお茶が美味しい季節。
冷たいアイスにもようやく食指が動き始めました。
去年クーポンサイトのキャンペーンでゲットしたハーゲンダッツが二個で百円のクーポンの出番はまだか!
期待期待。
Clap?

   
NAME

TITLE

E-MAIL

URL

TEXT


PASS

prev  next
Link*
Calendar*
 2017.07 
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Latest*
Category*
Ranking*
in order to share the news and cheer me up...
励みになるのでよろしければお願いします
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
Search*
Monthly*
Comment*
プレドニン5mgになりました&ここ数週間のこと
 └増岡 稚子(05/10)
誕生日でした(プレドニン減量しました)
 └増岡 稚子(02/11)
ショートショートを頂きました(追記)
 └管理人(01/18)
11月になりました
 └増岡 稚子(12/01)
11月になりました
 └ゆまっち(11/04)
プレドニン減量しました
 └増岡 稚子(11/03)
プレドニン減量しました
 └管理人(11/03)
Puboo*
Profile*

増岡 稚子

Author:増岡 稚子
誕生日:1月15日(24)
職:落ちこぼれ社会人
餌:糖分(自称、辛いカレーもブラックコーヒーも好き)
脳:現実 □□□□□■□ 逃避
願:せめて女子を装いたい。
Booklog*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。