◎home▼menu ▲top
その時その時興味あることを書き留める自由で気儘なブログ。物書き志願者がイラスト描いてる系。自己免疫性肝炎に関する徒然。
:
--.--.--.--[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Clap?

2011.10.14.Fri[日記]

今まで、ペンタブとスキャナーどっち先に入手したんだろうと思ってたんですが、ペンタブの発売日とスキャナーの発売日を照らし合わせて見る限り、どうも、スキャナーが先っぽいです。最初はPixiaでバケツツール流し塗りしようとか考えていたのかも知れない。

これは、2004年の春から、2011年の秋まで七年半続いた、私とペンタブの終わりなき泥沼の戦争。
涙大量発生注意のため、ハンカチよりもバスタオルをご用意してお読み下さい。(嘘)


最初に手にしたペンタブは、CTE-430

ワコムのコミックパック。2004年11月19日発売。高校二年の時、だったかと。
2004年の春頃から2005年の早春ごろまで電化製品のカタログとにらみ合い、2005年の春に買った……ような気が。
マウスのない、ペンと板だけで、サイズはA6。
ピンクの箱に、漫画のコマ割り風にイラストがあしらわたパッケージ。
記憶にある人も多いと思います。

CTE-430、どんな使い具合だったかというと。
パソコンが馬鹿&私がパソコン音痴なものでまず最初から大ゴケしました。
まともにドライバインストール出来なかった。やってる途中でCD-ROM抜いちゃった記憶。windowsmeがクソ重たかったのが悪いんだ! いつまで経っても作業終わらないから、怖くなって止めてしまった。父上のパソコンだと思うと、長時間使ってられないんですね。
サービスセンターに問い合わせることもしなかった。絵なんか描くな、勉強しろ、そんな家庭だったから、元々、ペンタブもちょっと使うだけのつもりだった。ちょっと遊んだら、大学合格まで使いません、そんな感じの宣言をしなければ、使うことままならなかった。

その当時、私はアンインストールしないと削除出来ないデータがあることをまだ知らなかった。というか、アンインストールとか知らなかった。

スキャナーで取り込んだ画像へ、マウスモード筆圧感知なしのペンタブで色をつけた年賀状を描いて(年明けてから描いたんですがね!)使い勝手の悪さと受験戦争にかまけて以後、長い間お蔵入り。

2007年にVistaがやって来たので、2008年の春頃から半年ほどペンタブで遊んでました。
その時もマウスモード、筆圧無し、だったかと。
どうでもいいんですが父上がパソコンを買うときはいつもクソと名高いOSにぶち当たるようです。なんてこった。

2009年は諸事情有ってお絵かき封印して乗り越え、

2010年の春、マイパソコン購入。Winndows7。
ようやく、自分でパソコンの全てを自由に出来るようになり、今まで知らなかった様々な作業を覚える。
その中にアンインストールも含まれていた。

2010年の夏に「ドライバ入れなおしてみたら?」とアドバイスされ、はじめて、ドライバの入れ直し、という物を知りました。
そして、ようやくマウスモードから脱却し、筆圧も生まれた私のペンタブ。
五里霧中どころか千里に渡る濃密な霧の中、手探りで不自由な足を引きずって歩いていた時代は終わり、これから文明開化の時がひらける、そんな明るい祭り囃子が聞こえてきた。
しかし、悲劇はまだ終わっていなかった。

2010年の秋、コードが断線する。

ぶっつぶつ切れる。私の扱いが酷かったのは認めよう。しかし、古い物とは言え、それほど長時間利用した覚えはないので、これは予想外だった。
そういえばテレビゲーム機もよく断線していた。セロハンテープでぐるぐるに補強してゲームをしていた。
そんな弟や妹の後ろ姿は懐かしい思い出だ。
この初代ペンタブ、コードが本体から直接伸びていて、左右への運動は激しく、ちぎれやすかった。
そして、後で知ることになるのだが、両方USBにしておけば、断線してもコードだけ取り替えればすむ、という発想が……2004年にはなかった。今はそれが普通みたいだが。
そういうわけで直すにはどう考えても本体ごと修理に出さないと行けない、こんな古いペンタブ修理に出すぐらいなら、新しいの買う、と思って騙し騙し使っていたんですが、2011年の春、そろそろ断線症状が頻繁すぎて作業続行がいつ出来なくなってもおかしくなくなってきた。


2011年春、ワコムが動く。

いや、それまでもそんなキャンペーン合ったんだか無かったんだか知らないがインテュオス乗り換え&古いペンタブ交換で、キャッシュバック? とかいうキャンペーン。ツイッターでそれをやってる方がいて、「ワコムに返すぐらいなら私に恵んでくれー」と思っていたところ、なんと、親切にも古いペンタブを譲って下さると言う方が。
ペンタブが断線する、てしょっちゅうぼやいてる子がTLにいたから気にして下さったのかも、と勘ぐったりして恐縮。
キャンペーン時にインテュオスを買われるのに、ペンタブはよその子に譲って下さる懐の深さに感激しつつ、私は新しいペンタブCTE-650を迎え、ようやく安寧の時を……


得られるわけがなかった。


どこまで私はペンタブに呪われているのか。
ペンタブ運はどこまで私を見放し、無視し、あざ笑っているのか。
本当ペンタブには神がいるんだと思った瞬間。
そしてその神は私を見放しているんだと思った瞬間。


問題その一。どうしてもアスペクトが合わない。

合わせるとポインタがガクブルする。
上下にガタガタ動いて、自分がどこで何かいてるのかわからなくなる。画像を手のひらツールでつかんでみたら画像もガクブル。
最初、SAIとCGIllustの上でのみ見られた現象だったのでこれはソフトとの問題だと思っていたんですが、よくよく見てみれば、普段マウス代わりに使っている時も微かにガクブルしてる。
SAIとCGIllustの感度が良くて激しくガクブルしていたらしい……。
ともかく、頭がわけわからなくなるので、アスペクトは合わせず、ポインタのガクブルを回避することに。


問題その二。常に謎のダブルクリック状態。

何が悪いのかわからないんですが、常にペン先がダブルクリック状態で、新規レイヤーのアイコンをクリックすれば新規レイヤーが二枚増量し、ゴミ箱をクリックすれば目的のレイヤーに加えその下にあるレイヤーまで消滅する。
上部にあるファイル、編集、キャンバス、などのコマンドを開くことが出来ない(開くと同時に閉じてしまうため)。
でもこれは、描く分にはほとんど問題なかったので無視。そんな問題なんて有りません。無視。マウスがいるから平気です。


そのうち、パソコン用に手のひらが慣れて、問題なく描けるようになるだろう、絵の上手い下手って、頭の中のイメージをいかに手へ伝達して出力するかが大事だとも言うし。でも、このままではイメージに正確な線が必要なアニメ塗りは出来る気がしない。しかし、ともかく色に慣れる、厚塗りを覚える、社会人になったらインテュオス!
そう思って2011年夏を乗り越え、秋に突入。
線画をアナログやデジタルで描くのですが、ある時私は気付いてしまった。
パソコンとアナログでは倍以上作業時間が違う。
パソコンの方が描きにくい。圧倒的に描きにくい。
私の馬鹿……!
なぜ、アスペクトの狂いに慣れない。それは私に画力が、いや美術の心がないから。
このままでは、どこか思ったように描けない、アスペクトを正さねば作業時間を食う。
しかし、このペンタブと大学時代を過ごし切るんだと心に決めたのに。
中古を買うにも、Win7対応でないと嫌だ。後から新しくWin7ようのドライバがネット上で配布されるんではなくて、パッケージに「Winndows7対応」って書いてあるレベルじゃないと嫌だ。
そして私はなぜか、2010年に発売されたペンタブの存在を知らなかった(これはWin7に最初から対応している)
途方に暮れる私の隣で再び、


ワコムが動いた。


新しい第三世代バンブー。TLに突如として現れたその情報。
私はすぐさまチェックに走った。まだ九月の半ばだった。
だが、私は心に決めた娘が……
画面を閉じ、忘れることにした。

しかし、大学が始まり、夏休みのようにゆっくりちまちま絵を描いていられない状況に私は突入する。
とある方の誕生日イラストで描いた人物の腕がどうしても立体が取れなかったり、
なぜ自分はアニメ塗りをしないのかと考えたり、
アナログで描く線の楽さにため息をついたり、
そうしている内に心は動き。
TLに忘れかけていた文字列が返り咲いたのはおそらく、全ての歯車のタイミングを読んでいたのかもしれない。

そうだ、新しくペンタブを買おう!

思い立ったが吉日。価格コムに走り、バンブーミドルとバンブーペンで悩み、タッチ機能がバンブーミドルに搭載されていると知り、タッチ機能怖い! いらない! とバンブーペン購入に決定。
売り場で試し描きはしませんでした。
あそこってモニター大きいし、ソフトは使い勝手が全くわからないペインターや写真屋なので、参考になりません。
しかし、タッチ機能を拒絶した辺り、そうとうペンタブがまともに稼働しない過去がトラウマになっていると見える……。


十月十三日、ペンタブ到着。
不具合があってはいけない、不具合があれば即刻ワコムに連絡、ということで心構えと準備はバッチリ、ドライバインストール。


筆圧が反応しない。( ゚д゚)ポカーン


ワコムに問い合わせ、先述の方法での解決策は見つかったわけですが、万全の状態とは言い難い。
SAIを立ち上げる度に筆圧が無くなるのだから……。
贅沢言うな、みんなそんな感じだ、て言われるかも知れませんが、何の心配もなくタブレットを使える日はまだまだ遠いです。


私とペンタブの戦いは、終わらない。
Clap?

   
NAME

TITLE

E-MAIL

URL

TEXT


PASS


この記事のトラックバックURL
http://libs92.blog75.fc2.com/tb.php/284-c74849f4
この記事へのトラックバック
prev  next
Link*
Calendar*
 2017.11 
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Latest*
Category*
Ranking*
in order to share the news and cheer me up...
励みになるのでよろしければお願いします
にほんブログ村 病気ブログ 自己免疫性肝炎へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
Search*
Monthly*
Comment*
プレドニン5mgになりました&ここ数週間のこと
 └増岡 稚子(05/10)
誕生日でした(プレドニン減量しました)
 └増岡 稚子(02/11)
ショートショートを頂きました(追記)
 └管理人(01/18)
11月になりました
 └増岡 稚子(12/01)
11月になりました
 └ゆまっち(11/04)
プレドニン減量しました
 └増岡 稚子(11/03)
プレドニン減量しました
 └管理人(11/03)
Puboo*
Profile*

増岡 稚子

Author:増岡 稚子
誕生日:1月15日(24)
職:落ちこぼれ社会人
餌:糖分(自称、辛いカレーもブラックコーヒーも好き)
脳:現実 □□□□□■□ 逃避
願:せめて女子を装いたい。
Booklog*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。